つぼ講座...|津島市の接骨院・産後の骨盤矯正・姿勢矯正・疲労回復・ボディコンディショニング

産後太りや腰痛、肩こり、猫背のお悩み、ご相談ください。

  • 津島市新開町2丁目11 電話番号0567-97-3150

ブログ

つぼ講座

  • 2017年04月27日

みなさんこんにちは!上田です。

やっと日中は、安定して暖かくなってきましたね!

日差しがあると気持ちいいですよね♪

(今日はあいにくの雨ですが…)

今週末からゴールデンウィークが始まりますが、みなさん出かける予定等は、たてましたか?

たくさん歩く!という方も多いかもしれませんね。

今回は、足の疲れに効くツボを紹介します!

「足三里」(あしさんり)

すねの前側にあるツボです。

足の疲れや、胃腸など消化器系疾患、便秘などに効果があります。

このツボは結構メジャーなツボだと思います。

あの松尾芭蕉の「おくのほそ道」に「三里に灸」というフレーズが出てくるのですが、

「三里」というのが「足三里」のことです。

場所は、膝のお皿の下の外側のくぼみの指4本分下で、

すねの骨のくぼみにあります。

取り方は、何種類かありますが、

膝の下にできるくぼみの外側(白い丸)から、指4本分下がったところ(黒い丸)を取る、というやり方が1番分かりやすいと思います!

押し方は、すねの骨に向かって親指で押し込んで下さい。

強めに3秒程度押して、離す、というのを5~8回ぐらい繰り返して下さい!

このツボは鍼をすると、お腹がなったりするくらい、消化器系によく効きます!

また、歩く時に必ず使う筋肉のある場所でもあるので、足の疲れにもとても良いんですよ!

みなさん是非、使ってみて下さいね♪



  • くまはりきゅう接骨院
  • 0567-97-3150